はじめよう。美しいあの場所へ、迷子にならぬ様、ワタシへの道標となる様に。

瞳に映る生命の息吹、耳から観える生命の動き、感じる景色。繋がる精神の緒。

脈脈と繋がるこれまでこれからのど真ん中。感じるままに三輪福綴りに記して行こう。


2018年5月13日日曜日

長い間、いつかいつかと思ってはなかなか取り組めなかった「正藍染」。
GWの合間を縫って8日間の学びを朝から晩まで肌と感覚に乗せて帰って来た。

藍染と言うと、色落ちするから何回かお洗濯してから色が落ち着く頃に
纏うといいとか言われたり聞いたり。

今回の学びでは、本来の藍染はそうではない事をしっかりと目撃して来た。
堅牢度の高い、灰汁だけで藍を建てていくその過程がなんとも生命の力を
感じた。

奥深い透明感ある青。

水や空気やお日様の力を借りて、浮かび上がる青。
幾度も重ねていく染めによって、藍が藍を呼ぶ瞬間が感動の時!

藍の恩恵は、沢山ある。

まだまだ始まりの手前。

これから、自身で良質のスクモと灰汁を使って藍建てに取り組もうと思う。

舞台上での役割も、「水」などの役割が多く、いつか自分で染めた藍で水を表現した
衣装で「そのもの」のメッセージをバトンできたらと思う。

今、置かれている環境や心のテンションなど、言葉で表現仕切れない「間」を
時空を飛び越えふたたび出会いたい。


2018年3月12日月曜日

3月3日椿大神社 地球への祈り


3月3日は三重県は椿大神社さんへ久しぶりの
訪れとなりました。この日はご神事となる奉納舞台があり、前々日の入りには春一番が影響し、電車が運休となり、日をずらして翌日の始発に乗るため、夜の誰も走っていない山道をひとり、車を走らせていました。5時くらいでしょうか、ある坂道の頂上に上がった時、向こうの山に産まれたばかりのお月様がふわり現れ、ばったりとご対面しました。まあるく黄色く大きな満月でした。
思わず、わあ!と声が溢れました。
坂を下ると、お月様も向こうの山にまた入っていきました。
無事に始発電車に間に合い、三重県まで運んでいただけました。

明日の本番に向けて皆様と向かう時間が
とても心地よい緊張感。
3日の朝が巡ってきました。
この日、この場で感じた感覚は、まるで
言葉ではない、理解より先回りしている共通の
何かを受け取り分かち合っている様な、そんな
空気の中に在りました。
今回、小林芙蓉さんの書とはじめて
出会いました。
花道を振り返った際に、煌と言う文字が掲げられていました。
一瞬ではありましたが、その文字が
こちらに飛び込んでくるハタラキが
印象的でした。
三重県へ向かう山道に現れたあの
満月の様に自然そのものでした。
すべてのすべてに心から感謝を込めて





























2018年3月1日木曜日

春一番

3月3日は三重県伊勢にある椿大神社へ久しぶりに訪れる予定。
今回は、奉納も兼ねての入りとなるのもあって、時を経て、今回の運びに
不思議さと確かさを同時に感じている。

今朝、春一番なのだろうか、突風の様な勢いある風が季節の移り変わりを示している様で
この終わりと始まりの間のなんとも言えない感覚も忘れずに次の季節を迎えたい。



三重県 伊勢市 椿大神社
「椿の間」
http://tsubaki.or.jp/access/
「光 地球への祈りの集い」
お申し込み 
Fax 03-3239-0033(にんげんクラブ)
Mail toiawase@ningenclub.com
Tel 03-3239-8271

2018年2月8日木曜日

第14回 岡野弘幹音霊奉納 節分祭 at天河神社

2018年の四季のクライマックスとも言えそうな冬の土用最後の節分。

2月2日は天河神社では、毎年「鬼の宿」と言う神事が執り行われる。
無事の神事を終えた翌日には、節分祭が拝殿にで始まる。

昨年に続き、今年もご縁賜り、奉納に上がらせていただくことに。
音楽家の岡野弘幹さんの14回目の音霊奉納でもある。
近頃、音楽制作などでもご一緒させていただいていたりで
伝えにくい感覚の部分を理解していただけたりして本当に救われる。

(節分の護摩法要)

天河神社には各地よりたくさんの人が集まり、賑々しく
また、清らかな空気が漂っていた。

護摩法要では、火が立ち上がる以前に、煙が大地を這うように、また
空をまうように、美しい様子を見せてくれた。
しばらくして火が起こり始め、まるで不動明王の様にも思えるその勇ましさと
凛とした姿にどこか自然と同調していく様な感覚にもなったり。

今年も、この天河で制作したメディスンドラムを打ち響かせて
みなさんと共に、般若心経を唱えたりしました。

夜の能舞台での奉納まで時間があると言えど、何も考えられず
本当に、どんな奉納を舞を上げるのか長年舞台に上がってきたと言えども
全く私自身に入ってこなかった。

ただただひたすらに委ねるのみで、本番15秒前にストンと何かが
腑に落ちた様な感覚が舞い込んで来て、舞台へ一歩足が進んでいった。

おかげさまで、無事にご奉納を終え感謝を述べていると、
羽黒山伏の星野先達が舞台まで歩み寄ってくださり、とてもありがたい感覚を
言葉で見せてくださいました。

これまでこれからを全て祝える様な、説明いらずの言霊だった。

芸能者としてどうしてか歩んで来た今世になかなか自身では理解ができずいた道のりに、ほんの少し理解が生まれ始めた節分となった。
(宮司様、山伏様、スタッフ、演者、メディスンドラム隊と)


(佐藤春雄さんとヴェーダ)


(石川靖子さん、國友麻ゆみさん)



(岡野弘幹さん、KOMEIさん)



(岡野弘幹さん、三輪福)

2018年1月20日土曜日

響命2018 in香川

1月13日は香川県にて行われた、水のプロジェクト舞台
「響命」が無事に開幕となりました。

舞台を通して水の美しさ、大切さを
再び認識した貴重な時間となりました。
ご縁をいただきましたみなさま、また
舞台を見届けてくださったみなさまに
感謝いたします。


岡野弘幹/総合演出 作曲 演奏
崎元蘭奈/ チェロ
ムークリエーター千代 / ピアニスト シンガー
中村岳/ パーカッション ドラムス
友岡宣仁 / 和太鼓
高岡真也/ 映像
三輪福/ 舞



サンポートホール高松
http://www.sunport-hall.jp/event/hall/

鎌長製衡プレゼンツ「岡野弘幹 響命コンサート」より
http://www.kamacho.co.jp






2017年12月28日木曜日

2018年舞台初めは四国から

昨年ご縁いただいた舞台「響命」。
水をテーマにした舞台で、昨年は水の精霊の配役で舞台に上がらせていただきました。
来年は、水、そして森とテーマが広がりを見せます。


『響命』コンサート
2018年1月13日(土)
17時30分開場〜18時開演
サンポートホール高松
第一小ホール
入場無料
チケットのお申込みは…
瀬戸フィルハーモニー交響楽団
TEL 087-822-5540
info@setophil.or.jp
・主催 鎌長製衞株式会社
・制作 公益法人瀬戸フィルハーモニー交響楽団
・後援 香川県 高松市 高松青年会議所 四国新聞社 RNC西日本放送 KBS瀬戸内放送 FM香川

2017年11月14日火曜日

ナチュラルハーモニーさんへ

今年の夏、HEMP FAIR2017にて、スワラジさんの演奏と共に「精霊ノ夜」と題して
舞でご一緒させていただいた。

そのご縁から、会場内にてwinter festival2017に11月25日〜12月25日の1ヶ月間
三輪福の音楽作品を始め、ライブでよく使用しているお気に入りの
チャイムなどをご紹介いただく運びとなった。
会場内でご紹介されている、他の出展物もとてもほっこりするようなアイテムが
勢揃いしている。
そんな中に、ご紹介いただけることがとても嬉しい。

よかったらぜひ、お手にとってみていただけたら嬉しいです。



———————————————————–
ナチュラル&ハーモック プランツ
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25
ノースポート・モールB2F 
地図:http://www.nh-plants.com/access/
TEL:045-914-7505 
OPEN:10:00~21:00
———————————————————–


winter festival2017
https://naturalharmony.co.jp/winter_festival_2017/