はじめよう。美しいあの場所へ、迷子にならぬ様、ワタシへの道標となる様に。

瞳に映る生命の息吹、耳から観える生命の動き、感じる景色。繋がる精神の緒。

脈脈と繋がるこれまでこれからのど真ん中。感じるままに三輪福綴りに記して行こう。


2019年10月27日日曜日

てらからそらへ

10月25日、東京FMホールにて
舞台「てらからそらへ」を迎えた。

今回、うさぶろうさんが舞降ろされた衣装は
羽衣の様な軽やかさでした。

一部のはじまりに
ピアニストのデルガードさんと、石坂亥士さんの
即興演奏から始まった。
控え室よりその始まり行く音の響きに
これから舞台へ行く道筋が見えた気がした。

バレエダンサーの野島和友さんが、花のオブジェ「秋かける龍」の後ろから
すっと表れ、空間にその心が螺旋を描く様な場を生み出して行った様にこちらの
感覚に語りかけてきた。





そこから紡がれて行った、デルガードさんのソロ演奏。
吸い付く様な鍵盤へのタッチ、飛び跳ねるような全身全霊の演奏。
アンコールから、予定より数十分響き続けたメロディ。
そこからは、時間の花が浮かび上がってきた様でした。

二部はうさと座

はじまりの空間に、一歩踏み入れると、
そこには記憶を辿ると、ふわりと軽やかな
空間があった様。
ステージだけではなく、観客席からも無意識の
糸が、丁寧に織りなされてくる様な
不思議な感覚だった。
Knobさん、石坂亥士さん、魂宮時さん、茶喜利さん、安満沙和子さんと
共に混ざりあっていく世界。
スタッフさん達のサポート。


大切な根底に安心感があるからこその、最大の緊張感を持って
入って行った舞台だった。

てらからそらへ


能登から旅を共にした、竹からいただいた
葉っぱを採りに行くと、その根元には
白い蛇の抜け殻がある、、、
と思い、手を差し伸べてみると、
違う。
まだ抜けていない白蛇だ。
可愛い目でこちらを見ては
ダルマさんが転んだをしている。
ジーっと。

笹をいただきますね
とお伝えして、東京へ。
飛行機に乗せて大切に運んだ。
舞台で、お役果たした笹を

今日、元の大地にお返しします。




写真  Akiko Hotta



感謝













2019年8月28日水曜日

Miwafukuの手しごと展 延長1ヵ月

横浜にあるナチュラルハーモニックプランツさんにて、7月〜8月13日まで、Miwafukuの手しごと展を企画していただきましたが、9月13日まで延長展示のアンコールリクエストを受けました。
ありがたい事です。

引き続き、本建て正藍染に施した様々な生地をはじめ、
音楽作品、また人気のコシチャイムも同時に展示されています。
ぜひ、触れてみていただけたら嬉しいです。



2019年8月17日土曜日

三輪福の手しごと展

ナチュラルハーモニックプランツさんでの約1ヵ月の期間、Miwafukuの手しごと展を昨日で無事に結ばれ、1日の終わりに仲間とお祭りへ。
潮風に包まれながら、ごろりと寝転んだ角度から見上げた広い空には、日々染め続けて来た色が広がっていました。
今回の展示へのお誘いを受けた時は、あまり作品もなく、延期を申し出たのですが、それでも構わないと後押しいただき、思い切って出させていただきました。
ステージはなんとも素晴らしい場所で、ありがたい気持ちいっぱいに。
慣れないひとつひとつに応援、お手伝いを夜なべしてくれた友人にもとても励まされたり。日常の盛りだくさんと共に生きながら少しでも作品を会場へ届けたく、黙々と染め続けた1ヵ月でもありました。会場へ足を運んでくださった皆様や、他の技法で染めをして来た方からも、飛び越えて浸透し合えた事、不可能と言われていたウールにトライさせてくださったスワラジさん、大きな器でおやりなさいと、送り出してくださった大川先生。そして、染め続けられた自身の心身、自然界の恩恵。
東京から能登に来てから予想もしなかった展開ばかりだ。
これからの旅路はどこへ行くのだろう。

感謝

2019年7月31日水曜日

パキスタンウールショール

巡業から戻って、正藍染に取り組んでいる。
色々な、天然素材を染めてみては、
たくさんの発見をいただいている。
なかでも、ウールはまだ染めた事がなかったけれど、
いつか縁があったら取り組んでみたいなあと、
頭の片隅に。すると、ひょんな流れから、
ちょうどパキスタンへ旅に出られていた
ものづくりの仲間でもあるスワラジさんから、
パキスタンのウールショールの染め依頼が入った。
手紡ぎの繊細な薄手のショール。
はじめてなので、慎重に精錬。
精錬も麻や綿などとは違った方法で。
気温などにも気をつけながら取り組んだ。
一度目の染めから水中酸化で洗いあげたら、
なんとも淡い藍の色。
まだ、正藍染技法を学んで間もない頃、
まわりの染色家から
「ウールもシルクも、藍染は出来ないですよ」
と言われていた。
まだ、ウールもシルクも染めていなかったけれど、
染まる事を知っていたので、どうしてだろう?
と不思議で仕方なかった。
その見方が、もしかしたら圧倒的常識なのかもしれない。
現実は、目の前にあるパキスタンウールショールが物語っている。
何より、自分のこの手で染めに寄り添っていたので、天然素材は
染まるのだ。手間がとってもかかるけれど、恩恵は感動もの。
紫外線を通さず、抗菌消臭も素晴らしく、生地は丈夫になるし、
色落ち、色移りもしない。そんな藍染知らなかったし、
色落ちが当たり前だと思い込んでいた。
肌にも心地よく、なんと毒虫避けにもなるとか。
実際に、シーツを染めて寝てみると、
ぐっすり眠れるのがよくわかる。
昔の日本には、この技法が当たり前で、
生活に重宝されて来た歴史があるみたい。
今は夏まっさかりだけれど、
この薄手の手紡ぎウールショールがこの
秋、冬に大活躍してくれそうだ。
都内から大胆に移動したながれから、
今、こうして取り組んでいる染めも
自然のまにまに。
さあて、貴重なお日様タイム、明日も染め日和。

8月13日まで
横浜はセンター北駅すぐの
ノースポートビルB2
ナチュラルハーモニックプランツさん
新月小屋にて、三輪福の手しごと展
開催中。

パキスタンウールショールも
展示されているので
ぜひ、目撃していただきたい。

感謝





2019年7月18日木曜日

新月の小屋に






ヘンプフェア2019にMiwafukuの手しごと展を8月13日まで
展示していただいている。
なんとも、貴重な機会とお日様が現れたら一目散に、工房へ。
そう、お日様の力が必要なのだ。
藍を生地に定着させて、灰汁を浮き立たせる。
洗いにかけると、灰汁だけが取れて、藍は生地にピタリと仲良く一緒に。
これが、垢抜けるの語源とか。
灰汁抜ける、垢抜ける。

今週末には、オリジナル背守りを、130年程前の手績み手紡ぎされた苧麻に、正藍染を施しし、そこに精麻で背守りを刺し子。

 邪気を払い、生命が輝かしく生き生きと
巡る事を願って。

一つ一つ違う模様。
響き合うどこかの誰かへ旅だってくれたら
嬉しい。


2019年7月13日土曜日

ヘンプフェア2019


ナチュラルハーモニックプランツさんのフロア一角に、「新月の小屋」
と言う、新月伐採された木で作られた可愛いお家。
そこで、Miwafukuの手しごと展として、作品をご紹介していただいています。
期間は8月13日まで。
色落ち、色移りのしない正藍染を
様々な生地に施している。

梅の実染めのほのかなピンクも
大切に感じる色、風合い。





2019年6月28日金曜日

天橋立


2010年から天橋立の出船祭りに上がらせていただいている。
阿蘇湾に浮かぶ筏舞台。
波の揺れをダイレクトに感じながら。
京都生まれにして、ここ天橋立に行った事なく、
都内に暮らしていた時にふと、「天橋立行きたいなあ」そう
思った数分後に、知らない番号が携帯に。
思い切って電話に出ると、、、
なんと、天橋立の祭り実行委員の方から
出演依頼となった。
ちょうど、所属していた舞台を引退した矢先だったので
まさか、また舞台が始まって行くとは思いもよらず。
今年も、この海に立つ。
わたしが上がっている舞台は
筏舞台にさらに作られた1メートル四方の小さな舞台。
波を更に更に感じ、無我夢中で
今年も行くのみ。