はじめよう。美しいあの場所へ、迷子にならぬ様、ワタシへの道標となる様に。

瞳に映る生命の息吹、耳から観える生命の動き、感じる景色。繋がる精神の緒。

脈脈と繋がるこれまでこれからのど真ん中。感じるままに三輪福綴りに記して行こう。


2019年3月31日日曜日

野生の青空〜古事記の神々に捧ぐ〜


2019年3月24日
東京国立にある、宇フォーラム美術館にて、
空豆ダンスカンパニー主催の舞台「野生の青空」に上がらせていただいた。
昨年秋に、画家のマシマタケシさんより、出演依頼のメッセージをいただいた。
担う役?はアマノウズメとの事。昔、舞台デビューした時に、スタッフさんやお客さんに、アマノウズメを勧められ、当時よく分からず、後の14年後に引退作として舞台に上げた題材でもあった。
当時は、所謂、たくさんある古事記の中でどこか、ドラマティックに描写されていて、舞台としては、成り立ちやすく、またウズメ像がトランスして肌を露出すると言う部分を強調されていたり、今となっては、ほんとかな?なんて図太いわたしにもわたし自身が
驚いていたり。
そんな矢先、近頃、よく訪れていた奈良の天河神社さんにて、宮司さんが何かの折に
アマノウズメ像は、皆が思っているのとは違うんです、とポツリこぼされていて、
どこか腑に落ちたタイミングでの今回の依頼で良かった。
また、マシマタケシさんからも、アマノウズメについて
一言いただいていた感覚にも、共感出来たのも参加の決意が
出来たのかもしれない。

今回、はじめてご一緒する方が殆どで、またリハも普段からあまりしない私にとって、重ねて行くいろいろは、刺激的で、いろいろ入り口を試されるような感覚にも。
前日リハにも、まともに参加叶わないながら、全体をまとめていくリードが空豆さんだったり、メンバースタッフの人間力や積み重ねて来られた感覚力のおかげで、
本番に挑む事が無事叶った。
楽屋に聞こえてくる音。聞いていなかった分、想像なんかをはるかに
取り払い超えていく、あたたかでスペーシーな音。
もうそれだけで後先の運命は安泰だ。
重なって行く、音、立ち現れる声、蠢く息づかい、袖のあちらとこちらの
行き来は、あの世とこの世みたいに仕切られている。
本番、今回、舞台奥の壁に映像を通して、マシマタケシさんの絵、そして太陽系太さんの写真が重なったりしながら、背中越しに語りかけてくる。
全体を通して一度もまだ、観れていないけれど、あの聞こえてくる
感覚には絶大な信頼しか持てない。

何より、サポートくださった空豆さん、ジャスミンさん、スタッフの皆様、
お声かけてくださったマシマタケシさん、メンバーの皆様、ご来場くださったお客様、そして、みえない全てに心より感謝を込めて。

2019年3月8日金曜日

2019年の都内舞台が始まります

3月22日(金)19時〜
江戸川橋にある「ギャラリー絵空箱」にて
人形師の山本由也さんの様々な人形達との共演です。
音楽は、植物の発するリアルな周波数を音楽へ変換するバンブーを使って
ゆう琴発案者でもあるHIBIKI KANNA さんと共に舞台へ上がります。



3月24日(日)15時〜、19時〜 2回公演
国立市 宇フォーラム美術館にて
「野生の青空〜古事記の神々に捧ぐ〜」と言う舞台へ上がります。
絵、写真、映像、声、音楽、ダンス、舞、など様々な演者が繰り広げる
式典の様な舞台となりそうです。

両日、まるで違う世界観での舞台となりそうで、
その一点に向かって、日常のせわしなさから静寂へとメリハリ効かせてまいりたいと
思っています。

お見逃しなく


*詳細はスケジュールよりご確認いただけたらと思います。




2018年12月25日火曜日

舞台「響命」2018 冬!

2018年の舞台始まりは、四国は香川県高松市からスタートした。
そして、この2018年の締めくくりとなった舞台も同じく香川県高松市の初めての野外舞台
「栗林公園」での参加をさせていただく事に。

音楽家であり舞台ではいつも音楽監督や演出と総合的に監督していただいていて、
2018年は本当にたくさんの舞台や音楽制作をご一緒させていただいた、岡野さん。
当日の朝の笑顔が清々しかったのが印象に残っている。

栗林公園は、以前から噂では聞いていたものの、実際に訪れると紅葉がピークでお庭の造形や行き届いた管理もあって、見事な世界が目に飛び込んできて、遠い昔の人々の感性を時を超えて「美」を通して繋がった様で、とても不思議な感覚になった。
また、場の空気感がとても清らかに感じられて、居るだけで清められて行く様な
心地に。

本番までの間、お庭の紅葉に出会いにぐるりとお散歩。
岡野弘幹さんの音楽が聞こえてくる様な程、その風景がもうすっかり
スタンバイ、リハーサルして居るみたい!

舞台のテーマは「空海と真名井御前」。

空海としての役割をイダキ奏者のKnobさん。
Knobさんとは2018年は、3月3日の椿大神社での奉納舞台、新橋のアトムCSタワーではジュエリー作家の山下易夏さんのエキシビジョンの場開きにて、そしてうさとさんの
イギリスツアーでもご一緒したりとたくさんのご縁をいただいていました。
二つの目、二つの耳以外でも見聞きして居る様に、絶妙な響の波を描いていただけた印象があって、とても安心して「間合い(舞)」に居られる。

真名井御前は、毎年7月に天橋立の海の上にて舞続けてくる中、やはりどうしても
存在の噂は耳に届いて居て、空海とのご縁もまたどこからも囁かれて居て
今になっても語り継がれて居るその魂の働きはなんなのだろう、、
と気になりなって居たひとつだった。

そんな真名井御前の配役を賜り、舞台へ上がらせていただきました。

舞台上には大太鼓がお月様の様に、
そして、それを打ち響かせるは友岡宣仁さん。
友岡さんとは、2018年の始まりの舞台「響命」からのご縁で、夏の天河奉納舞台、代々木のyes!にもご一緒させていただいた。
迷いを解き放つ様な響。

音楽監督には岡野弘幹さん。
長い月日を重ねて幾度も、今日のこの時へ導いてきていただいたのだと
全貌を知り、気持ちに感謝がこみ上げて来て、「悔いない舞台を」を、とあらためて
心へ聞かせた。

最高の舞台スタッフの裏支えもあって、終始、集中しての舞台。

どうしてだろう、、、不思議と確かに音楽は流れていたのに、全て無音に聴こえていた
様な感覚であの場所に居たのです。

そう、「夢」の様に情景や全てを把握して居るのに「音」がない。
そんな夢に近い感覚に。

額に一粒の雨の落ちてきて、夢は現実であると気がついたのでした。

音楽は音波そのものになって、場と全てと融合し変容し
波動として時空の扉を開いて行った。

響の余韻に包まれて、2018年の舞台が締め括られました。

素晴らしい音楽と共に舞を通して、存在できる事、全ての全てと
響きあえる命で居られる事に、感謝いっぱい。

また、いつかどこかで。



感謝


2018年11月29日木曜日

ナチュラルハーモニーさんへ今年も!

秋も深まってくると、夏の盛り上がりとはまた違う
しっとりしながらも盛り上がってくる空気感が、紅葉だったり
秋の実りだったりが、そう感じさせてくれるよう。

「精霊ノ夜」として
以前、スワラジ工房のウエダタカユキさんとナチュラルハーモニーさんの企画で
ご一緒させていただいてから、とっても嬉しいご縁をいただき
昨年に続いて、今年のウインターフェスティバルにも作品展示させていただく
運びになりました。

昨年に引き続いて、ソロアルバムは「音点otodate〜雫の花」このアルバムは和製水晶にシフトしてから純粋な水晶の響きをメインに、神楽太鼓奏者の石坂亥士さんにはソルフェジオガンクドラムやベルで参加いただいている「イノチの巡り」「誕生」などと言ったのをテーマに制作したもの。
地球暦シリーズからは365日の暦を音楽にした
the time now2017,2018と2枚。惑星会合のリズムを地球暦チームより緻密な計算の元
楽譜として送られて来たものを当てはめながらも、音楽家岡野弘幹さんによる監修の元
様々な民族楽器がミックスされている、あまり他にないジャンルなアルバム達。
また、取り組んでいるサイマウェーブサウンドからは、観音に続いて
2作目となる「龍宮」12月2日よりリリースされる予定となっていて
ソロアルバムからこうして、様々なアルバムを通して旅させていただけたのだなあと
感じていたり。
そしてまた、これらのつながりのキーになっているのは、思い返せば、遠い昔の
幼少期に感じた音楽性にあることを思い出させれる。
まさかこうして時を経て、アルバムへ乗せていくことになるとか思いも寄らず。
生まれて来る直前に、決心した「何か」を思い出しそうで思い出せない。
けれど、思い出してしまうといけないような気もある。

何だろう、秋も深まって来たからだろうか、こんなことをどうしてか
書いている自分に驚く。

普段はそんな事、考えもせずただただ生きるを味わっている
それだけなのに。

もうすぐ、12月。
今年最後の巡業だ。
















———————————————————–
ナチュラル&ハーモック プランツ
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25
ノースポート・モールB2F 
地図:http://www.nh-plants.com/access/
TEL:045-914-7505 
OPEN:10:00~21:00
———————————————————–

2018年11月20日火曜日

11月の神楽!神楽!神楽!?

11月1日はここ数年参加させてもらっている、群馬県前橋にて八咫烏神楽から始まった。
友人の手作りいっぱいの神楽。
獅子舞をしているアダムは外国から移住して日本に長く住みつつ、
宮大工のプロにもなっていて、獅子舞の動きは見事!
建築への眼差しも、佇まいは奥ゆかしき日本人の様で、
日本人である私もハッとさせられることが多い。
年々、賑わいが脹らんで来ている様に映るその神楽も2回の公演を無事に終えては、
急ぎ足で、奈良は天河神社の秋季大祭へ向かった。
偶然か必然か、この八咫烏神楽を初年度から起こしている友人も急遽、
大祭へ出演が決まったそうで、車に同席させていただき深夜に天河村へ到着した。
ほぼ休みなくノンストップだったのにもかかわらず、
かなりの集中力で車を走らせてくれた友人には深く感謝と信頼が更に増す様な
貴重な連日となった。
到着したら、既にお宿は消灯となっていて、静かに入室した。
もうこの夜明けにはリハもなく舞台の上にいるんだと、程よい緊張感の中、朝を待った。
今から30年前に音楽家岡野弘幹さんに舞い降りて来た唄がある。
その唄をまこもで作られた船型を天の鳥船とし、
タマシズク合唱団のメンバーが唄うこと、
そしてまたこの神事では
3000年ぶりと気の遠くなる様な年月を経て、熊野の御神火と天河の火が合わさると言った
奇跡的な瞬間の時となった。
その火は頭でそれらの情報を知らなくともきっと、
「何か」を感じざるを得ない様な
そんな火に感じられた。
いよいよ出番が巡って来た。
いつもそうだけれど、舞台上は不思議と運ばれる。
運んでもらえると言うか、頭ではないところで瞬間瞬間の未来を知っている様な
不思議でとても安心感の中、舞える。
そして、終わりも終わりとしてやってくる。
もちろん、袖に居る間は、緊張もして居る。
一歩踏み出ると、それらは一瞬にして払拭されてしまう。
ただ在るだけになれる。
無事に大祭を終えた翌日は、東京へ向かった。
初めてのサントリーホールでの舞台。
衣装デザイナーさとううさぶろうさんの衣装を纏って、
「和輪把」と言う舞台タイトルでの、豪華キャストと共に
心合わせ、響合わせ。
スタッフの方々の丁寧なやり取り、メンバーとの信頼のもとでの本番、
ご来席いただいたお客様、見えない存在達からのメッセージ。
即興と言うシーンがほとんどだった。
どこか懐かしい様な、全く経験したことのない様な世界が行ったり来たり。
また、今回自身で気がついた事で大きかったのは、舞い手として立って居る時に
「音霊」と言うものに含まれて居るエネルギーの純度によって
動きが全く違ってくると言う体感。
また出逢いたい一瞬ばかりだった。

舞台連日を終えて、翌日は奥能登で準備に取り掛かったのは
暮らしの実験でもある「蓄熱式ストーブペチカ」の制作ワークショップの受け入れ。
蓋を開けると、全国は北と南、西に東とたくさんの人々が来訪となり、
約10日間の賑やかな日々を共に学び暮らす事となった。

昨日まで踊っていた私は何処へやら。

衣装デザイナーのうさぶろうさんが言われる様に、衣服から変える事で気づいていく
何か。
それは、食だったり住だったりアプローチは様々。
2年半前の都心から初めての田舎への移動から、ライフスタイルで大きく変わった部分もあれば、変わらぬ部分もある。
四季の巡りがアレヨアレヨという様に移り変わっていく。
あと何回この季節に出会えるかわからないけれど、毎年美しいそれらにまた出逢いたいと
心から思える。

今年もあと1ヶ月と少し。
舞台は四国高松で締めくくる2018となりました。

ありがとうの気持ちいっぱいに舞いたいと思います。


感謝

2018年9月13日木曜日

3年ぶりのイギリスはダートモアから




3年前の夏至の頃、当時イタリアはミラノ行きが不意にキャンセルとなり、
大きく舵をきっての、イギリスはダートモア行きへ流れが決まった。
目的は夏至の太陽を迎えると同時に、自分で製作するメディスンドラムを作ると言う事だった。
目的地まで一人で初めての旅。

着陸したヒースロー空港では、どこか懐かしくまるで海外では無いような不思議な感覚に。
そこからバスを乗り継ぎ、仲間たちの元へ。
ドラムを製作する場所は、イギリス南西部のダートモアと言う自然豊かな国立公園内。
手ほどきを受けながら丁寧に神聖な空気感の中、製作となった。
夏至当日、朝日を迎え入れる為、製作した仲間たちと、古代からのストーンサークルへ向かう。
何をして来た人生かを既に、仲間たちにも伝えていたので、リクエストに
太陽と共に踊って、、、と友人たちが声かけていた。
なるようにと委ねながら静寂な夜明け前。
太陽が昇ってくる気配、目を閉じると太陽の光が瞼をすんなりと通過して私を
すっぽりと包み込んで来た。身体中に太陽の繊細でダイナミックな母性?父性?が
振動して、その中で自由自在に動いていた、、、、。
けれど、実際には友人曰く、全く微動だにしていなかった身体。
あの感覚は今でもしっかりと記憶に鮮明に今も側にある。
そんな夏至を迎えてから、太鼓を日本へ持ち帰っては海に向かってほとんどの日々を
響かせていた。
時が巡り、今年の3月3日に初めてお会いしたデザイナーのうさぶろうさん(うさと)の
fashionshow&musicとなるステージに参加させていただく事になりました。
自然素材の美しい生地に施されているデザインや想いの純粋性。
それらは、3月にも感じながらも今回の日々の交流で更に気づかせていただく事に。
ライブでご一緒させていただいたメンバーには、Knobさん、石坂亥士さん、魂宮時さん、
岡野弘幹さん。Knobさんとは今年はマヤ暦元旦にジュエリーアーティスト易夏さんの展示会に場開きとして共にライブへ上がらせていただき、石坂亥士さんとは以前、浅草の蔵にて胎内の中にいるような空間にて演奏をご一緒させていただいたり、またファーストアルバムの「音点〜雫の花〜」では演奏で参加していただいてる。
魂宮時さんとは今年の3月3日のお雛様の節句にご一緒させていただいてぶりの再会となった。



そして、岡野弘幹さんとは、ここ2〜3年とアルバム製作や舞台で共に歩み、たくさん学ばさせていただいているご縁。
メンバーみなさんがそれぞれの道を精進され続けて来た方々ばかりの中、とても
楽しみでもあり、ここに運ばれた今に感謝がふるふる溢れて、、、。
本番まで過ごす日々に、運ばれてくる風から様々な感覚が舞い込んで来ていた。
そして当日、スタッフ一同協力しあって迎えた
本番は、見事に歓喜に包まれていた。
fashionshowに出演された現地の皆さんが纏われた衣装はもちろん、その笑顔がとても美しく輝いていたのが印象的だった。

翌日は、Nigel shaw&Hiroki Okanoスペシャルコンサートに同じくメンバーと共にゲスト出演に。


更にゲストにはディジュにショーンさん、尺八にエイドリアンさんの豪華なセット!
1部にはNigelさん岡野さんによるアンビエントな世界が響き渡り、会場に場が立ち上がっていく。
そして2部からはうさと座のみなさんと共に即興での参加となりました。
会場スタッフさんも同じ気持ちでステージに居てくれたのが印象的だった。
そして、衣装も今回はうさとさんがアレンジしてくださり、2着構成での舞台となりました。

たくさんの感謝と共に巡り巡った今回のイギリス。
今、日本に戻りその余韻に心澄ませて更に、信頼と共に丁寧にまた一歩
歩いて行きたいと思っている。

         





今回、お泊まりさせていただいて居たのは、ダートモアにある
berrywoodというB&B。
毎朝、お味噌汁とお米を朝食におもてなししていただいて
お腹も心も力が湧き続けられたのでした。
オーナーのミホちゃんは本当にダートモアが大好きで
色褪せずそれを持ち続けているのが溢れ出ていた。
そして、旦那様のピートさんは、初日はお話できなかったけれど、
舞台が始まってからは急接近できて、とっても寄り添い
たくさんエールを届けてくれた。
帰りには、朝早くから送ってくれて、「僕の家に泊まりに来てくれて本当にありがとう
いつでも帰っておいで」と涙を見せていた。
心の膜がなくなる様なそんな交流がたくさん!

3年ぶりのイギリスは何かがしっかり始まっている様な
メッセージいっぱいの旅となった。

ありがとう!



(ピートが書いたみんなの絵)




          (丁寧に衣装をケア&コーディネートされているうさぶろうさん)


         (移動道中の野生のベリーとの出会いを楽しむメンバー)











2018年5月13日日曜日

長い間、いつかいつかと思ってはなかなか取り組めなかった「正藍染」。
GWの合間を縫って8日間の学びを朝から晩まで肌と感覚に乗せて帰って来た。

藍染と言うと、色落ちするから何回かお洗濯してから色が落ち着く頃に
纏うといいとか言われたり聞いたり。

今回の学びでは、本来の藍染はそうではない事をしっかりと目撃して来た。
堅牢度の高い、灰汁だけで藍を建てていくその過程がなんとも生命の力を
感じた。

奥深い透明感ある青。

水や空気やお日様の力を借りて、浮かび上がる青。
幾度も重ねていく染めによって、藍が藍を呼ぶ瞬間が感動の時!

藍の恩恵は、沢山ある。

まだまだ始まりの手前。

これから、自身で良質のスクモと灰汁を使って藍建てに取り組もうと思う。

舞台上での役割も、「水」などの役割が多く、いつか自分で染めた藍で水を表現した
衣装で「そのもの」のメッセージをバトンできたらと思う。

今、置かれている環境や心のテンションなど、言葉で表現仕切れない「間」を
時空を飛び越えふたたび出会いたい。